「掴めて、食べられる」水!?なんだそれ!?お味はいかが?【キッズスクール】
見出し画像

「掴めて、食べられる」水!?なんだそれ!?お味はいかが?【キッズスクール】

下川町公式 note

今回のプログラムは、ちょっぴり理系です!
ウォーターボールってご存知ですか?
グッドデザイン賞にも選ばれた、SDGs界も注目の新しい技術です。

画像1
画像2

こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。

食用アルギン酸ナトリウム溶液をと食用乳酸カルシウム溶液に入れると…
不思議!水のボールができます!

3分、5分、10分と乳酸ナトリウム水溶液につける時間を伸ばしたら、外側の膜の硬さが変わります。

画像3

最初は両方液体だったのに、ゼリーみたいにプルプルになった!

画像4

どんな匂いだろう?

どんな味?

画像5

「味は海藻みたい」
「水槽みたいな匂いがする!」
「なんだかまずいかも…」
「中身がジュースならまずくないかもね」

画像6

細長~いのもできたよ!

画像7

その通り!アルギン酸は昆布に多く含まれる成分なんです。
確かに味はちょっとまずい…舌がピリピリしておいしくないよね〜!
でもこれも経験、経験!

身近なものだと人工いくらにも使われている技術なんだよ、と話すと子どもたちからは「確かに!なんか知ってる食感だと思った!」という声も聞かれました。

シリーズ「つくる(工作・料理)」


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「スキ」してくれたの?ありがとう!
下川町公式 note
森林、スキージャンプ、移住促進、SDGs・・・。挑戦の手を止めない【下川イズム】であらゆるピンチをチャンスに変え、進化していくまちづくりの挑戦や困りごとをリアルタイムでまるっと発信していきます。