紙飛行機よ!大空を飛べ!【キッズスクール】
見出し画像

紙飛行機よ!大空を飛べ!【キッズスクール】

下川町公式 note

3月になりました。

子どもたちはもうすぐ一つ上の学年に上がります。
どんな世界が待っているのだろう?
キッズスクールとしてできることは何かな?
と考えることも増えました。

こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。

画像1

3月に紙飛行機大会を入れたのには、少し願いを込めたからです。
次のステージへ羽ばたけ!というイメージで紙飛行機大会を設定しました。

画像2

よく飛ぶ紙飛行機、ずーっと飛び続ける紙飛行機...どんな飛行機を作ろうかな?
オリジナルの飛行機を作っている子もいました。

画像3

少し課題も見えました。

低学年の子を中心に、そもそも折り紙の基礎的なところが難しい子が多発。

「山折谷折ってなに?」から始まり、
角と角を合わせて折る、折り線をしっかりつけること、製図に合わせてじっくり観察すること。

なかなかいろんな要素があり、苦戦している子もいました。

でも大丈夫!うまくできた子が積極的に悩んでいる子に教えてあげる姿も。
だいぶ成長しましたね。

みんなも次の学年へ!紙飛行機のように飛んで行け!

シリーズ「つくる(工作)」

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキ?しもりんも。なーんてね♡ って顔したレアしもりん
下川町公式 note
森林、スキージャンプ、移住促進、SDGs・・・。挑戦の手を止めない【下川イズム】であらゆるピンチをチャンスに変え、進化していくまちづくりの挑戦や困りごとをリアルタイムでまるっと発信していきます。