パントマイムで表現しよう!【キッズスクール】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

パントマイムで表現しよう!【キッズスクール】

下川町公式 note

コロナ禍で声を出したり、あまり触れ合うことはできない世の中です。
そんな中でも楽しめる身体を使ったプログラムを用意しました!

画像1

今回のプログラムは、演劇やパントマイムに通じる表現講座。

「今日はこんなことをします!」と言ったら、一部の女の子からは
「来なきゃ良かった...」「恥ずかしくて嫌だなぁ」

そうだと思います。普段、演劇なんてやらない子どもたちにとっては、声を出すことができず、体と表情だけで演技をするなんてちょっと恥ずかしいかもしれません。


画像2

しかし、チームを分けて始めてみると空気が一変!

高学年の子どもたちが引っ張ってどんどん役に入っていきます。

画像3

お題は、「学校に関係あるもの」

運動会、鉛筆、図工、校長先生、給食、黒板...

チーム戦なので誰がどの役割をするかでも伝わり方が変わります。

子どもたちは試行錯誤しながら挑戦!
個性的な動きや「それいいね!」などとも盛り上がりとても楽しそうでした。

これらの表現プログラムは、追々演劇などさらに高度なことに昇華できたらいいなと思っています。
子どもたちが数をこなして演じることの楽しさを覚えたら、ぜひ「下川こども劇団」なんて夢じゃないかもしれません!!

シリーズ「文化、スポーツ」(表現)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「スキ」だって!嬉しいね、しもりん
下川町公式 note
森林、スキージャンプ、移住促進、SDGs・・・。挑戦の手を止めない【下川イズム】であらゆるピンチをチャンスに変え、進化していくまちづくりの挑戦や困りごとをリアルタイムでまるっと発信していきます。