下川町公式 note
フルーツトマト、そのまま食べるか、料理するか
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

フルーツトマト、そのまま食べるか、料理するか

下川町公式 note

フルーツトマト、おいしい食べ方一挙大公開します!
こんにちは、下川町の倉澤です。今回は農務担当歴8年、下川町の食材が大好きな私が胸を張ってフルーツトマトのおいしいレシピを共有します。

下川町のおいしいフルーツトマトを応援するために「はるか」と「エイト」は漫才師を目指し、下川町の特産品であるフルーツトマトをエンターテインメントで盛り上げよう頑張っています!(はるかとエイトの自己紹介noteはこちら)

彼らを始めとするフルーツトマトって本当に甘いんです!甘味、酸味、塩味、旨味のバランスが素晴らしい下川町のトマトは、本当に塩なんていらない、素材そのままを楽しめます。そんな自慢のトマトです。

画像5

しかし、たまにはトマトをお料理して、違う味も楽しみたいというのが人間の性ですよね。私も例に漏れずおいしく”味変”していて、最近レシピも公開しています。フルーツトマトのレシピ入り町公式HPはこちら!

ということで、フルーツトマトを食べ続けて10年、私が日頃よりつくっているフルーツトマトのレシピを私の想いとともにシェアします。クラシル目指して頑張ってみましたので、よだれに気を付けて、召し上がれ!

フルトマチーズサラダ

トマトとチーズの相性は抜群!私の大好きなコンビです。カプレーゼってよくお店で頼みますか?おいしいですよね。でも、お家でつくるとなると、モッツァレラチーズは少し高いし、なんだか挑戦しづらい・・・。

そんな風に感じている方に必見です!トマチ―サラダにしましょう!モッツァレラにこだわることはないと、ここにて高らかに宣言します。こんなにも簡単なサラダはないです。トマチ―は裏切らない。

画像1

画像8

輪切りフルーツトマトの食パンチーズ焼き

はい。またもや神コンビのトマチ―降臨です。トマトってこんなにもボリュームがあるのか!?とびっくりするくらいな大満足レシピです。チーズこんがりとろとろ、そして半分だけローストされたトマトにほっぺが落ちます。

ピザパンとはまた違う、フルーツトマトの良さを全面に押し出した甘味たっぷりでフレッシュなトースト、あなたの朝ごはん、いや、お昼ご飯のエネルギーチャージにいかがですか?

画像2

画像9

フルーツトマトのベーコン炒め

さあ、最後までトマチ―のコンビを貫きます、トマチ―万歳な倉澤です。フルーツトマトの甘味と酸味と、ベーコンのしょっぱさ、そしてなによりカリッカリの食感がたまらない一皿となっております。

まさに炭水化物泥棒です。パンにのせてオープンサンドにしてもよし、ごはんのおかずにも最適、ペロッと食べてしまいます。とてもおいしいので、是非ともご賞味あれ!

画像3

画像10

フルーツトマトの蜂蜜スイーツ

夏野菜のトマトはなんだか体を冷やしてくれてるような気がしますよね。そんな夏らしくどこよりもおいしいフルーツトマトをしゅわしゅわなスイーツに!実は、ご紹介しているレシピの中で最もおすすめの、堂々1位です。

私は晴れの日に飲んでいます。ちなみに、レシピに載ってるはちみつも下川町の特産品です!レモンは無いけれど、下川感たっぷりな簡単スイーツはいかがですか?

画像4

画像6

最後に

今回はフルーツトマトをたくさん食べてもらいたい!ということで、私の想いを共有させていただきました。

詳しいレシピが気になる方はこちらへGO↓↓↓

それに加え、そもそも下川町のフルーツトマトをおいしく食べる方法の倉澤流も念のためお伝えします。

下川町のトマトは青い状態で出荷し、お手元に届くまで箱の中でじっくり真っ赤になります。なので、まだ青かったら、赤くなるまで常温で寝かせてください。トマトの匂いを嗅いでみて、甘ければ甘いほどおいしいです。

※ちなみに、そのままワイルドにまるかじりしちゃうのが農務の若手男子流です。私はこのように調理もしますが、彼らは常にまるかじり。若さすごい!本当においしい証拠ですね。

下川町のフルーツトマトはそのままでもおいしいけど、このようにいろんな食べ方があります。たくさん”味変”を試して、たくさん食べて、トマトで健康な身体づくりをしてコロナ禍を乗り越えましょう!

ボツ2


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
下川町公式 note
森林、スキージャンプ、移住促進、SDGs・・・。挑戦の手を止めない【下川イズム】であらゆるピンチをチャンスに変え、進化していくまちづくりの挑戦や困りごとをリアルタイムでまるっと発信していきます。