これぞシモカワ!スキージャンプで大空を滑空せよ!【キッズスクール】
見出し画像

これぞシモカワ!スキージャンプで大空を滑空せよ!【キッズスクール】

下川町公式 note

2021年最後のプログラムはスキージャンプ!
下川町にはあのレジェンド葛西紀明選手や伊藤有希選手、他にも様々な世界を相手に戦う選手を育てたゲレンデがあるのはご存知ですか?

こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。

見てください!この爽快感を!もはや飛行機!
背景の彩雲も相まって天空に見えてきました!

子どもたちにもゆかり深いスキー。
下川町は雪が降る地域なので、子どもたちも小さい頃からスキーには親しんでいます。
とはいえ、スキージャンプはやったことがないという子どもたちもちらほら…。

「近くにジャンプ台があるから気にはなっていたけれど…」
確かに、一人または家族で来てもジャンプ台の方へ行くのは勇気がいる…!

ということで、なんとキッズスクールとしては初めて!スキージャンプ体験をやってみました!

下川スキージャンプ少年団のコーチ、お兄さんお姉さんたちにご協力いただき、手厚いサポートでプログラムがスタート!
最初はお兄さんお姉さんがゲレンデに作った小さなジャンプ台で感覚を掴みます。

まずはちょっとだけ飛んでみて感覚を掴もう

慣れてきたら5mのジャンプ台へ。
おおお、さっきと違って高さがあるぞ…!
上から見ると向こう側が見えなくらいの段差はあります。

低学年のちびっこも物怖じしないぞ!
飛べた!やったね!

「怖かった〜!でも一度行けたら行けるね!」

勇気を出してえい!

子どもたちも次々勇気を出してクリア!
「意外と行けた!でも緊張した…」

デモンストレーションを飛んでくれるお兄さん。
いつかこんなふうに飛べるかな?

お兄さんお姉さんたちは、手厚く一人ひとりにサポートしてくれました。
怖がる子どもたちにも
「大丈夫!怖いなら途中から行ってみよう!」
「こっちで待ってるよ!最初は怖いよね!大丈夫だよ!」
「何かあっても絶対助けてあげるから思い切っておいで〜!」
「飛ぶ瞬間に手を広げるとうまく飛べるよ!」
お兄さんお姉さんたちの応援で勇気が出た子どもたちもいたのではないでしょうか?

ちょっとだけ飛べた子どもが飛べたのかな…もじもじしていると
「すごーい!!よくやった!かっこいい!できてたよ!!」
とドンドンパラパラ手を叩いて飛び跳ねて一緒に大喜びしてくれ、自信のなかった子どもたちにも笑顔が…!
本当に褒め上手の教え上手!ありがとうございました!

デモンストレーションで飛んでくれるお兄さんお姉さんたち。
子どもたちはキラキラ尊敬の眼差しで見つめていました。

勢いそのまま最終的に、5mを超えて20mクラスを飛んだ子も…!
20mはめちゃくちゃ坂!!!こここ、こわい!凄すぎる!
どの子もみんなよく頑張ったね!!

帰り道背中が少し大きくなった子どもたちでした。

シリーズ「スポーツ」

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「スキ」してくれたの?ありがとう!
下川町公式 note
森林、スキージャンプ、移住促進、SDGs・・・。挑戦の手を止めない【下川イズム】であらゆるピンチをチャンスに変え、進化していくまちづくりの挑戦や困りごとをリアルタイムでまるっと発信していきます。