マガジンのカバー画像

町民のすべて

16
下川町民が挑戦へそっと歩き出している記事をまとめています。
運営しているクリエイター

#下川町

人生は探求。子どもたちの世界を広げたい|しもかわ人名鑑

こんにちは!今回は下川でのリアルな暮らしぶりを町内の方にお話ししていただく、しもかわ人名鑑。 今月は作曲の仕事や、教育委員会で子どもの新しい活動を応援する平間美海さんです。 移住がきっかけで、地域と関わる仕事に挑戦下川町で暮らし始めてから、教育委員会でキッズスクールの仕事をしています。 やったことがない職種でしたが、せっかくなら地域と関わる仕事をやってみたいと思ったんです。 2021年度、1年間キッズスクールに関わって思った一番の課題は、 ということでした。 たし

スキ
1

改めて考えるSDGs目標16:平和と公正をすべての人に

当たり前じゃない。今こそしもかわでも平和について考えよう! こんにちは、下川町の清水と、しもかわSDGsアンバサダーの和田です。 雪もだいぶ溶け、ギョウジャニンニク、ヤチブキなど、北海道らしい山菜が春を連れてきてくれました。平和な春です。 今回は、緊急企画として時事問題の「ロシアによるウクライナ侵攻」から、SDGs目標16:平和と公正をすべての人にをみていきましょう! ※この記事は下川町の広報5月号「ありたい姿探検記」の記事の充実版です 世界で何が起こっているのか?

スキ
5

東京だったらなんでもあるけど、下川では欲しいものを自分で生み出してる|しもかわ人名鑑

こんにちは!今回は下川でのリアルな暮らしぶりを町内の方にお話ししていただく、しもかわ人名鑑。 今月は子育てや家事の合間に消しゴムはんこを作り、下川の暮らしを楽しむ高松慧(けい)さんです。 名前も知らない下川へ移住旭川市の隣りの東川町出身なんですが、実家に住んでいた頃はおしゃれなカフェなどは数えるくらいしかなくて、人がたくさん来るような地域ではなかったんです。 憧れもあって東京で就職しましたが、朝から仕事して帰るのは夜8時くらい。目が回るような生活でしたね。 充実してい

スキ
5

音楽も仕事もご縁を大切に、気づいたら15年|しもかわ人名鑑

こんにちは!今回は下川でのリアルな暮らしぶりを町内の方にお話ししていただく、しもかわ人名鑑。 今月は中古住宅や土地の売買を仲介する空き家事業からギター演奏まで幅広く活躍する徳間和彦さんです。 仕事でもつながりを感じる町 下川にはもともと縁もゆかりもなくてね。今の仕事の面接時に初めて来たんです。 気づいたら15年経ってました。 起業や新規事業の立ち上げのお手伝いをする組織で、僕は町からの委託業務を受けて調査業務などを担当することが多かったかな。 ちょうど下川町が環境

スキ
5

移住の先輩に聞く!地方暮らしの極意とは?【地方移住”ホンネ”サロン】北海道下川町編に参加してみたぞ!

 私は一目ぼれで下川町へ移住を決めてしまったので、「ぶっちゃけ住んで大丈夫かな?」と不安もあり……。移住者の【ホンネ】が聞けるということで参加しました。イベントの様子が少しでもお伝え出来たらと思います! 移住のきっかけや準備期間、移住の決め手について。一人目のゲストの竹本礼子さんは、移住12年目。夫の仕事の都合がきっかけで下川町へ。「子育てをするならこういうところの方がいいかな?」と思われたそう。 藤原佑介さんは、自分が「おもしろい!」と感じたところで働きたい、と調べる中

スキ
3

多様な人が集まって楽しむことがSDGs~しもかわのまちおこしレジェンドはこう考える!【素敵町民紹介】

下川町の冬の風物詩アイスキャンドルを、SDGs目標11の住み続けられるまちづくりを目指す一環で生んだ町民にインタビューしました。 こんにちは、下川町の清水です。先月号までは健康増進に焦点を当て、2ヶ月連続でお届けしました。 今月から2ヶ月間はアイスキャンドルによるまちづくりに焦点を当てます。というのも、2月はアイスキャンドルの数も、つくる人も一番多いんです! そこで、アイスキャンドルの生みの親の1人で、しもかわのまちおこしに注力してきた、私たちを見守ってくれる温かい町民

スキ
8

下川町とつながる方法 〜下川との関わりしろを探している方へ

下川町は観光地ではありません。アクセスも決して良いとは言えません。 たとえば最寄りの旭川空港から下川町までの道のりは、レンタカーで2時間ほどです。冬になれば吹雪になることもあるため、レンタカーのハードルはさらに上がります。公共交通機関を利用すると、乗り継ぎが悪ければ最寄り空港から5時間ほどかかってしまうのも事実です。 けれども、町を訪れた人や移住した人の中には、下川町を「楽園」と表現する人がいます。 道中の若干過酷な道のりを経て、いざ下川に足を踏み入れてみると、冬でも風

スキ
5

SDGsは笑顔を増やすための道具~しもかわの太陽はこう考える!【素敵町民紹介】

コロナ禍になって2年が経った下川町のSDGsの目標3の健康、目標4の教育から皆を笑顔にする町民にインタビューしました。 こんにちは、下川町の清水です。皆さんにとって、この2年間はいかがでしたか?生活がガラッと変わりましたが、特に健康に対する意識が大きな変化かなと思います。 そこで、今回は運動指導を通して町民の健康増進を目指す、しもかわを太陽のように照らして周りを笑顔にする素敵な町民にお願いし、インタビューをさせていただきました! ※こちらは下川町の広報12月号「ありたい

スキ
25

「未来の学びコーディネーター」始動します!

はじめまして。 8月1日付で、下川町役場 政策推進課 SDGs戦略推進室に着任をしました、本間莉恵です。新潟県新潟市から移住をしてきました!(私の自己紹介や移住の経緯は追々と) 下川町の公式noteの場で、私の普段の活動を、下川町内外に発信していきたいと思います。今回は、その第一弾です。 下川町には、SDGsをモノサシにした、まちの目指す7つのゴール「しもかわチャレンジ」があることをご存知でしょうか? このゴールは、町民が中心となり、話し合いを重ねて出来上ったもの。その

スキ
6