マガジンのカバー画像

下川町の「きょういく」

82
教育委員会関連の記事を更新します! キッズスクール・たのしもクラブ・クラブ活動・課題研究・スキ活コンテストなど
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

下川町のきょういく

このマガジンでは、下川町教育委員会が 下川町の「きょういく」について更新します。 詳細検索は、タグをご利用ください。 ・下川商業高校課題研究 ・小学校クラブ活動 ・小学校たのしもクラブ ・スキ活コンテスト ・キッズスクールなど

スキ
4

函館へ修学旅行!歴史を学んでいざいってらっしゃい!【クエストラボ】

クエストラボ、記念すべき第一回はか~な~り~マニアックです。 中学三年生はもうすぐ修学旅行!わくわく待ち遠しくてしょうがないと思います!行先は函館…。ちょっと待って!?函館ってどんなところか知ってる?知らずに行くのはもったいない! こんにちは!キッズスクールコーディネーターの平間美海です! 今回のプログラムはクエストラボ一回目にふさわしい!?マニアックで大人のなりふり構わぬ本気が見られるプログラムです。 修学旅行の行先、函館は北海道でも有数の和人の歴史が長い土地です。

スキ
3

令和4年度開始!「はじめまして!」【キッズスクール・ベーシック/アドバンス】

気温が10度を超える日も出てきた下川町。 令和4年度のキッズスクールが始まりました! こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です! いよいよ始まった令和4年度のキッズスクール! 第一回は、自己紹介ゲームです。 緊張した面持ちで部屋に入ってきた一年生もすぐに笑顔がこぼれます。 お兄さんやお姉さんと一緒に活動できるキッズスクールをとても楽しみにしていてくれた様子です。 まずはご挨拶! コーディネーターと指導員が挨拶をします。 「美海さんって呼んでね!」と言う

スキ
5

シモカワのこどもたちへ!応援ソングを作ろう!【キッズスクール】

コーディネーター平間の特技は、作曲です。 なかなか触れることのない作詞作曲の制作現場を子どもたちにも...と思い始めたシモカワミライソング制作! こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 今回は歌詞を書いてみようというプログラム。 とはいっても、子どもたちは歌詞を書いたことなんてありません。 そりゃそうです。ということで...まずは連想ゲームで歌詞の書き方のコツをつかみます。 例えばお題は「えんぴつ」 えんぴつをたくさん連想して言い換えてみよう と

スキ
1

NEWキッズスクール、はじまる。【キッズスクール】

こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です! タイトルが気になった方、いらっしゃるのでは…!? 2021年度もあと少し。 キッズスクールは一年間まさに走り抜けてきました。 キッズスクールの「越えられない」課題2021年度の一番の課題は、 高学年が「おもしろい!やりがいがある!」と感じるものは、 低学年には「難しすぎる」 低学年が「たのしい!できた!」と感じるものは、 高学年には「つまらない」 1年生から6年生までというあまりに幅広く、また習熟度も毎年大きな

スキ
1

幸せのお守り!イースター・サンキャッチャーを作ろう【キッズスクール】

もうすぐ4月です。4月といえば、イースター! イースターは最近日本でもメジャーになってきましたね! こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 今回はイースターにちなんだサンキャッチャー作りを楽しみました。 イースター。最近よく聞きますが、子どもたちにも聞いてみました。 「イースター知ってる人?」 以外に手が上がり、理由を聞いてみると人気ゲームの影響のよう。 ウサギやたまごなどキーワードは出てきますが、詳しい内容は知らなかったようです。 そこで、指導

スキ
1

パントマイムで表現しよう!【キッズスクール】

コロナ禍で声を出したり、あまり触れ合うことはできない世の中です。 そんな中でも楽しめる身体を使ったプログラムを用意しました! 今回のプログラムは、演劇やパントマイムに通じる表現講座。 「今日はこんなことをします!」と言ったら、一部の女の子からは 「来なきゃ良かった...」「恥ずかしくて嫌だなぁ」 そうだと思います。普段、演劇なんてやらない子どもたちにとっては、声を出すことができず、体と表情だけで演技をするなんてちょっと恥ずかしいかもしれません。 しかし、チームを分けて

スキ
5

紙飛行機よ!大空を飛べ!【キッズスクール】

3月になりました。 子どもたちはもうすぐ一つ上の学年に上がります。 どんな世界が待っているのだろう? キッズスクールとしてできることは何かな? と考えることも増えました。 こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 3月に紙飛行機大会を入れたのには、少し願いを込めたからです。 次のステージへ羽ばたけ!というイメージで紙飛行機大会を設定しました。 よく飛ぶ紙飛行機、ずーっと飛び続ける紙飛行機...どんな飛行機を作ろうかな? オリジナルの飛行機を作っている

スキ
5

一年の運は節分から!タロットカードで運勢を占おう!【キッズスクール】

今日のキッズスクールは、タロットカード! 「タロットカードって知ってる?」と聞いたところ、ほとんどの子が知りませんでした。 「占いの一種で、自分を占ってもいいし、他の人を占ってあげてもいいんだよ!」 タロットそれぞれの意味の資料には 「嫉妬」「包容力」…難しい言葉がいっぱい並びます。 「これどういう意味だろう?」 「知ってる!これはね…」 子どもたち同士で教え合う姿が印象的でした。 低学年の子どもたちは、まずは意味を考えてそのまま伝える。 高学年になるにつれて、悪い意

冬を楽しめ!雪の中でいっぱいシェイクするとアイスが作れるって知ってた!?【キッズスクール】

雪って冷たいですよね~! その冷た~い雪の中に塩を入れたら、どんどん冷たくなってキンキンに! その冷たさを使ってアイスを作れるって知っていましたか? こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 今日は雪国ならではの冬遊び! 毎年当たり前のように雪が降る下川町。この雪を利用しない手はありません! 空きペットボトルの中に、牛乳・生クリーム・砂糖・バニラエッセンスを入れて、雪に塩を加えた雪塩で覆ったら… ひたすらシェイク!とにかくシェイク! すると不思議!ア

スキ
1

考えてみよう、『ミライ』について。『ワタシ』の内側へ。挑戦プログラム「シンキングXデー」【キッズスクール】

今回は、コーディネーターとしても挑戦的なプログラムです。 ドキドキそわそわ…一年の集大成!?とも言えるプログラムに臨みます。 こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 今日のプログラムは名付けて「シンキングXデー」 どんなプログラムかといえば、下川町の今と未来について考えて議論してみる・来年のプログラムを話し合いで決めてみる。 現状の下川の子どもたちは、まだまだ運営が用意したものをただ享受する立場です。 居場所であるキッズスクールをどうしたらこれからも

スキ
1

芸術は爆発だ!コラージュアートで個性的なポスターを作ろう!【キッズスクール】

あっという間に2月に入りました! 2月といえば、みんなドキドキ!バレンタインですよね! 溢れる思いをアートにしちゃおう!なんて、下川町のキッズスクールだけかも!? こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です。 コラージュってなんだろう? ふむふむ…かなり自由なアートなんだな! たくさん集められたポスターから好きなものを選びます! これいいな!この背景を使いたい! 思い思いに構想を練ります! 自分で持ってきた素材を使う子も。 星形に切るだけでも雰囲気変わる

スキ
1

アイスキャンドルミュージアムに向けて下川グリーンなアロマキャンドルをつくろう!【キッズスクール】

下川町が町ぐるみでイベントとして取り組んでいるイベントを知っていますか? よくしばれる日にバケツに水を入れて、外に置いておきます。 一晩置いて、バケツをひっくり返せばアイスキャンドルの完成です! そのアイスキャンドルをたくさん町中に飾ったイベントといえば、アイスキャンドルミュージアムです。 今回は、そのアイスキャンドルに使うアロマキャンドルをシモカワグリーンで手作りしてみました。 こんにちは!キッズスクールコーディネーターの平間美海です! 今回はキャンドル作り!下川町ら

スキ
12

どうも、北海道下川町です!

僭越ながら自己紹介をさせていただきます! こんにちは!下川町の清水です。下川町の情報をリアルタイムで発信し、 町の挑戦や課題を共有しようと「リスタート」したnoteですが、 等々、お伝えしたいことがたくさんあります。 では早速、魅力たっぷりすぎる町、下川町をざっと見ていきましょう! 下川町がどんなことを発信したくて手探りながらもnoteを頑張っているのか、その決意表明についてはこちらの記事をご覧ください。 ご報告:リスタート記事公開からこの記事の公開までで100名以上

スキ
45

スキーな町の子、新たな挑戦!?フィギュアスケートをやってみよう!【キッズスクール】

もうすぐ冬期オリンピック!下川町では、スキージャンプが有名ですが冬期競技で人気といえばフィギュアスケートも忘れてはいけません! 今回のキッズスクールでは、フィギュアスケートに挑戦! こんにちは、キッズスクールコーディネーターの平間美海です! 下川町の子どもたちはスキーにはとても親しみ深いです。 近くにゲレンデはあるし、何よりスキージャンプが有名なので身近な存在なのです。 海の近くの町・雪があまり降らない地域の子どもたちは、スキーの代わりにスケートの授業があるそう。 下川

スキ
5